ヘタレ侍

        なんで今ごとうくみこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

断端に雪見だいふく

11月の後半ぐらいから、足の切断面に激痛が。歩くたび、いちいち悶えていた。

私は夜に事故して、救急車で運ばれてすぐ左足切断したんで、手術は整形の医者ではなく、夜勤当番の救急の医者がした。
2ヶ月半ほどしてリハビリのために転院し、転院先の病院でレントゲン見た医者が「こら、足の切断面をスパッとほぼ直角に切られてるから、装具つけたら痛いで。一般的には、足を切断するときは、装具が当たる箇所はヤスリかけて角度をつけんのにな~」と言ってたんで、そうなんかと初めて知った。研修で来てた理学療法士の専門学校の学生ですら「あ~ これは残念ですねぇ~。なんで直角に切ったんでしょうねぇ~」と知ってたぞ。 無念。
「どうしても痛いんやったら、もう一回手術するか?」と言われたが、ただでさえ手術後も傷口が壊死したりで入院が長引いてんのに、これ以上はいやや――、と、「耐えるからええ」と答えた。

20060112162004.jpg

なので常に骨を切った角っこが痛い。飛んだり走ったりすると衝撃が結構キツい。
基本的にMなので、痛いのはわりに平気だ。ただ、角っこにキズができたりすると、壊死の心配があるので注意が必要。毎日湯船でマッサージとか要るみたいだが、そんなんしたことがない。

11月後半ぐらいに、角っこが痛くてたまらんようになった。一歩踏み出すたび、骨にピキィィ――ッ と刺すような痛みが走る。断端を見ると、ちょうど一番痛いトコが赤く腫れていた。でも我慢するのが漢だと思ったんで、ひきつった笑顔で耐えた。一歩踏み出すのにいちいち勇気がいったが、とりあえず気合いで乗り切った。
2週間ぐらいその痛みが続いて、それからちょっとマシになった。断端を見てみると、腫れの範囲が広がっている。さては腫れの面積が広がって、痛みが分散されたか。状況がよくなっているとも思わないが、あの痛みの後だったら天国だ。当然そのままほっといた。
したらだんだん腫れが一箇所に集まってきて、断端に雪見だいふくみたいなのがぽっこりできてしまった。ど、どうなってんだ…と少々不安になってきたが、気にすると負けだと思ったんで、忘れることにした。

正月、実家帰ったとき、そういや姉が看護師で、オペ室勤務も長いことを思い出し、ちょっと症状を話してみた。そしたら「アンタ病院行きや!中で壊死しとることもあるんやで!」と脅かされた。手遅れの実例を多く見てきた姉に言われると、さすがに不安になってきた。
結局、姉からおかんにもばれ、おかんからも「病院行ってくれやアンタ!頼むで!」と何度も言われるはめに。「わかった。行く行く」とその場しのぎで返事してたが、「あんた今そない言うてるだけやろ。病院行って、その結果報告してきて」と、約束させられた。さすがは実の親である。よくわかっていらっしゃる。

報告せなアカンし、今さらながら診察行ってきた。断端の雪見だいふくは、水が溜まっていたものだった。注射針刺して、10ccほど水抜いた。壁っつ―か、水がたまっている部屋がいくつかあるみたいで、完全には抜けなかったが。「おそらく最初は内出血してて(たぶん一番痛かった時)、その時点でできるだけ義足外してたらよかったのに、どんどん悪化してここまでひどくなったんやろ」と言われた。
さらにこれまで一部支払ってなかった治療費とか薬代が今回浮き彫りに。後日請求送ります、と言われた。ひょえ~、ツラい~(これは自分が悪い)。薬代とかも結構高い…。今回は処方箋薬局、行かんとこかと思ったけど、化膿止めとか出てて、これで化膿して壊死したら…とか思うと怖くなってやっぱり薬もらってきた。こういう医療費かかるのは、何かハラ立つわ~。こんなんやったら姪っこに使いたいよ!
でも、原因わかったし、中で壊死はしてなかったんで、まあ、よしとする。私は糖尿病とか、内科の病気で切断したんじゃなくて、怪我での切断なんで、外傷のない状態で中で壊死することはあまりないらしい。


約束したんで、さっき実家に電話した。
おかんが出た。

「は? 何のこと?」


お、おかん~~~~!!!!
  1. 2006/01/12(木) 22:51:42|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<「THE BIG ISSUE」 今号の表紙はやなせたかしさん | ホーム | 気絶するほど>>

コメント

あぅ~~~

読んでたらこっちまで痛くなってきました…
良かった医者行ってくれて…

しかしおかん…
タモツさんの脱力感が目に浮かぶようです(笑
ウチもときどき(いやかなりか?)母親には唖然とさせられるけど
まぁ今回は医者に行くキッカケにもなったし、ヨシということで。
  1. 2006/01/13(金) 18:50:46 |
  2. URL |
  3. ADEG #-
  4. [ 編集]

いや~、ありがとう!

う~む、どこのおかんもこんなんあるよねぇ…
しかし、さすがに電話口でズッコケましたわ。

でも水抜いたそばから、また雪見だいふくができてきた~
堂々巡りか~ アホらし。
  1. 2006/01/13(金) 22:13:50 |
  2. URL |
  3. タモツ #GRJ4RT0I
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamotu.blog12.fc2.com/tb.php/253-5c01d96e

タモツ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。